業務内容

ノベルティグッズ

活用事例

お問い合わせメールフォーム

業務案内

パッド印刷とは、凹状に彫り込んだ版下にインクを流し込み、それをシリコンなどのパッドに写し取り、 被印刷物面に押し付けることでインクを転写する印刷方法です。シルクでは出来ない、凸部・凹部・波状・球状とあらゆる形状への印刷が可能です。パッド印刷は、細かな印刷ができるので、繊細な絵柄やロゴ・文字もきれいに印刷することができます。

実例紹介

厚盛印刷

厚盛印刷

厚盛印刷とは、インクを厚く盛る印刷技法で、インキの盛り上がりを利用し、印刷した箇所に立体感を持たせることができます。インクに厚みをつけることで、印刷面に凹凸感を出し、視覚にも触覚にも印象づけることが可能です。グロス(艶あり)とマット(艶消し)があり、仕上がりの光沢感が異なります。またラメインクも使用することができ、華やかさのある表現が可能になります。

ラメ印刷

ラメ印刷

インキにラメを入れることで、輝きや高級感をプラスし、華やかさのある表現が可能になります。ラメには大きさや色の違う様々な種類があり、使用するラメにより、仕上がりは無限大です。またラメの量を調節することで、一層バリエーションが広がります。インクにパールの顔料を加えることにより、またちがった表現が可能になります。

マット印刷

マット印刷

インキにマット剤を入れることで、表面が光った素材に印刷すると浅くエッチング加工したような繊細な表現が可能になります。マット印刷は、落ち着いた大人っぽい仕上がりになります。

大型PAD印刷

大型PAD印刷

PAD印刷により細かい繊細な文字や絵柄を印刷するだけでなく、大型PAD機を導入し、プレートやトレーなど、大きな素材にも、全面に図柄をいれたりロゴを入れたりすることが可能になりました。

ズーム

パッド印刷

パッド印刷

ズーム

パッド印刷

パッド印刷

ズーム

お問い合わせ

インベストプラン